みかん畑からこんにちは! ブログ

ssknouen.exblog.jp
ブログトップ

紅葉狩り 

b0089967_21464464.jpg



秋の一日。
忙しくなる前に、紅葉狩りに行ってきました。

この時期、毎年忙しいので、紅葉狩りなど到底ムリ!とあきらめていたのですが、今年は幸運なことに時間が取れたので、出かけてきました。

当日、行き先を決めていないまま、出発。
紅葉が拝めるのなら、どこでもOKだったので、運転手氏の決断で中津市耶馬溪町の深耶馬渓「一目八景」をめざすことに・・・・・。



b0089967_2147287.jpg




今年の夏、一目八景を通った時、新緑の枝々が川の流れの上をおおい、涼やかな感じがとてもすてきだったことを思い出しながら、これは秋の紅葉もきっと美しいことだろう、とわくわくしながら向かったのでした。(一部、今年4月の熊本・大分地震で岩が崩落していました。)

院内を通り、玖珠方面から一目八景に向かう道中、紅葉した山々のすばらしい景色が続いていました。



b0089967_2147213.jpg







b0089967_21473236.jpg





b0089967_21474588.jpg





一目八景のかかりで車を止め、写真を撮りました。
そばまんじゅうを買い、メインの奇岩秀峰の景勝地へとクルマを進めてカーブを曲がると、・・・・・





えーーー!? 狭い道路の両側は紅葉見物のお客さんでいっぱい・・・・。

しかも、駐車場は県外ナンバーのクルマの多いこと!

夏に来たときは、とても静かだったのに、なんというにぎわい・・・。

秋の紅葉が有名なのは知ってたけれど、こんなに人気があるんなんて・・・・・・!




結局、どこにもクルマを停めることができず、窓越しに景色を見ながら、ゆっくり通過していったのでした・・・。

そして名物のそばまんじゅう。いろんな店の味を食べてくらべてみたかったな・・・・・。




b0089967_21475395.jpg





b0089967_21484337.jpg




そして、地図を見ると、近くの裏耶馬溪には、大河ドラマ「真田丸」でも有名な後藤又兵衛の墓が史跡として残されているよう。




b0089967_2149070.jpg





b0089967_21491369.jpg




後藤又兵衛氏は、大坂夏の陣にて討死したということですが、一説には生き延びてこの地で暮らし亡くなったとのこと。




b0089967_21495513.jpg




しかし、家に帰って、ヤフー!ニュースを見たら、やはり夏の陣にで討死したという文献が、まさにこの日に発見されたと出ていました。

せっかくお墓を拝んできたのに・・・・・とちょっと複雑な気持ちになりました。

でも、歴史ってロマンがありますね。




というわけで、これから始まるデコポンの収穫に備えて、鋭気を養うことができ、とても満足な一日となりました。

本当にいいものを見せてもらったなぁ、と自然の美しさに感謝です。
[PR]
# by sasakinouen | 2016-11-21 21:55 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

今頃の作業

今の仕事は、ハウスの補修作業。
建ててから年数が経っているので、あちこちイタミが出ています。
まだまだ使い続けなくてはならないので、時間のある今頃は、修繕です。

b0089967_21495126.jpg

母は古いスプリングの整理。
ビニールをハウスに留めるスプリングも、雨風で劣化してしまいますので、古いものは処分します。



b0089967_21495748.jpg

父は、ハウスから下ろした番線受けのサビ落とし、そして、塗装作業。





b0089967_21500373.jpg

b0089967_21501142.jpg
b0089967_21501620.jpg


明日は、重た~いハウスの換気扇の交換作業です。
ケガのないようにがんばります!




[PR]
# by sasakinouen | 2016-10-28 22:29 | 農業のいろいろ | Trackback | Comments(2)

落ちアユと天孫降臨の地へ・・・・・

先日、一度有名な延岡の落ちアユを食べてみたいという人の願いをかなえるべく、6人ででかけてきました。

川の中に作られたアユやなをながめることができる河川敷の高い所に設けられた特設会場で、アユ料理をいただきました。





b0089967_2204992.jpg




b0089967_221165.jpg





b0089967_2212467.jpg





b0089967_2224422.jpg






あつあつのアユの塩焼きは、おなかに卵をかかえていておいしかったです。







b0089967_223822.jpg




b0089967_2232280.jpg




b0089967_2233267.jpg






今日の一番の目的、おいしいアユをいただくという願いがかなえられたので、さて次はどうしようかと話し合った結果、何人かが行ったことのないという高千穂へ向かうことにしたのでした。



昔は、五ヶ瀬川に沿った道路で、高千穂鉄道の駅を所々に見ながらゆっくり上っていった記憶があるのですが、今は立派なバイパスができておりスムーズに走れることにびっくりしました。高千穂鉄道は何年か前、台風被害にあったため、現在は廃線となってしまっていたことはとても残念でした。

高千穂峡では、真名井の滝を見られたのもよかったのですが、阿蘇山の噴火で作られた柱状節理の造形を見られたのはうれしかったなあ。



b0089967_227122.jpg




b0089967_2274029.jpg


大分の原尻の滝もそうでしたが、ここ高千穂峡も阿蘇山噴火の際に流れ出た溶岩がかたまってできた地形です。9万年前の噴火では九州のおよそ半分が溶岩で覆われたそうですね。だから、同じような景色が九州のあちこちでみられるのですね。



b0089967_228653.jpg


渓谷では貸ボートも楽しむことができます。
上の橋からのぞいてみると、滝に打たれまいと、よけて岩にぶつかったり、ボートどおしがぶつかって右往左往している様子がみえました。そのたびに、ゴトン、ゴトンと鈍い大きな音が峡谷に響きます。




b0089967_2284346.jpg




b0089967_2285773.jpg




b0089967_2292976.jpg




b0089967_2294770.jpg


続いて訪れたのは、天岩戸神社。

『 天岩戸神社は、宮崎県高千穂町に鎮座し、日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれております天照大御神様のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしており、天岩戸神話の舞台となった場所でございます。

川上には八百萬の神々がお集まりになり、御相談をされた天安河原がございます。 』 
以上、天岩戸神社公式HPより



b0089967_22101927.jpg




b0089967_22103625.jpg




b0089967_22104899.jpg





b0089967_2211974.jpg





帰りの車内では、
「天照大神アマテラスオオミカミは女性の神様だったんだ!初めて知った!」
「スサノオとの関係は?」
「天の岩戸ってどんな云われがある所?」
等など、次から次に疑問が出てきて、スマホで調べては誰かが読み上げるといったことが繰り返されたのでした。

これは一度日本書紀や古事記を読んだほうがよさそうだ・・・・・・と思いました。





宮崎県側は遠くの山々まで見渡せていたのに、県境の尾平越のトンネルを大分県側に出た途端、あたり一面霧につつまれており、風景のガラッとちがうことに、びっくり!


それにしても、今回も過密スケジュールながらとても充実した一日を過ごすことができました。



写真をパソコンに取り込んだところ、一枚の半分しか映っていないものが何枚かあったので、カメラも古くなってきたからなのか、それともパソコン側の不具合なのか。うーーーん(悩)・・・・・。
[PR]
# by sasakinouen | 2016-10-26 22:13 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

日田方面への旅 後編

明けて翌朝。

美しい川面です。

b0089967_22222796.jpg




昨夜の食事も朝食も、美味しいお料理をおなかいっぱいいただきました。

お宿の近くで名物のそばまんじゅうを買って、日田をあとにしました。





さあて、それからどうするか?

いつも二日目は予定を決めていないので、帰る道すがら、寄れるところに寄ろうとガイドブックをながめる。

日田から天ケ瀬をとおり、玖珠に抜けるちょうど境のところに、慈恩の滝があり、近くには最近道の駅ができたと聞いたので、寄ってみることに。

b0089967_2223768.jpg





b0089967_22234630.jpg





車を降りると蒸し暑かったのが、ほんのちょっと滝に近づいただけで急に涼しくなる。



b0089967_2224304.jpg





b0089967_222698.jpg






最近の雨で水量が増しているらしく、轟音が響き、水しぶきを感じる。
はあ~、気持ちいい~。

この滝は、裏側を通り抜けることができる、裏見の滝です。



b0089967_22264568.jpg






そして、玖珠町に入り、次はどこに行ってみようかな。

そうだ! 以前から一度見てみたいと思っていた近代化産業遺産に認定されている豊後森機関庫が近くにあった。



b0089967_22275917.jpg




b0089967_22281996.jpg




b0089967_2229175.jpg




b0089967_22294197.jpg




この機関区は昭和9年にはじまり昭和46年に廃止。昭和20年には、米軍機の機銃掃射にあい、機関庫の壁にはいまもその跡が残っているそうです。

ロープが張ってあるため遺構の中までは入ることはできませんが、赤くさびた転車台や欠けた窓ガラスに歴史を感じました。



b0089967_22302919.jpg




b0089967_2231145.jpg


森機関庫をあとにして、お昼ご飯を食べるため、道の駅くすへ立ち寄ると、ここでも初めての出来事に遭遇。

道の駅の館内放送で、「まもなく自衛隊の戦車が玖珠駐屯地から演習場の日出生台へと移動します。」とのこと。
道の駅のすぐそばの一般道を通るそうで、行ってみると、すでにカメラを手にしたマニアの方々がたくさん待ち構えていました。

しばらく待っていると、遠くからズンズンと近づいてきて、手を伸ばせば届きそうな距離のところを20数台の戦車が次々と迫力いっぱいに通り過ぎていきます。



b0089967_2233954.jpg




b0089967_2233492.jpg



b0089967_2234266.jpg




b0089967_2236199.jpg




橋のアスファルトなど、鉄製のクローラーの跡で傷だらけになっていました。

乗車している隊員は、20代~30代の若い方のようにみえました。
どうかこの方たちが戦場に行かなくて済むような世の中であってほしいものだと強く思います。




道の駅くすでは、キャベツを買って帰りました。このキャベツのやわらかでおいしいこと!千切りサラダで毎日食べています。




b0089967_22364369.jpg






今回は、日田市観光協会から発行されているこちらの冊子を手にいろんなところを周りました。他のパンフレットとともにウエブサイトでも見ることができます。
とっても参考になりました。



b0089967_22371977.jpg


高速道路を使えばあっという間の旅も、一般道をあっち寄りこっち寄りしながら、楽しい旅をすることができました。
[PR]
# by sasakinouen | 2016-10-03 22:41 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

九州の小京都水郷日田方面への旅 前編


大分ふっこう割のチケットで、日田市へ行ってきました。

高速道路を使えば、1時間ほどで着くところ、今回は、一般道を通って行くことにしました。家を出て、中津経由で行くことに。

最初に寄ったのは耶馬溪の旬菜館という直売所。

車の中で食べるお餅などを購入。

あげやこんにゃくもおいしそうで買いたかったのですが、一泊するため車の中での保存が心配であきらめました。



b0089967_21382121.jpg



b0089967_2138337.jpg



b0089967_2139271.jpg



b0089967_21391994.jpg



山国町を進んでいたら、前を走るトラック。

見ると『ドラム タオ』と書いてある!大分県久住町を拠点に活動を続ける、和太鼓集団のあのタオだ!

おぉ!どおりでカッコいい!

どこまで行くのかな?行けるとこまでご一緒しようっと。





b0089967_21423732.jpg




日田市内に入るとこまでは後ろをついて行ってたものの、そのうち別れてしまいました。

お昼を食べにとあるお店へ入ったところ、なんとそこに、タオのトラックも停まっているではないですか!

降りてきた男前のドライバーさんに、「トラック撮らせていただいていいですか?」と尋ねたら、にこっと笑ってくれました。



b0089967_2143595.jpg




お昼を食べた後は、大山町の水辺の郷おおやまへ。


お隣福岡県の柿、地元日田の梨。  季節だなぁ・・・・・。



b0089967_2144404.jpg




b0089967_21444964.jpg




そして、梅も有名です。梅干し、梅酒などの加工品がたくさん並べられていました。



b0089967_21452955.jpg




b0089967_21454223.jpg







その後日田へ戻り、日本酒の蔵元薫長(クンチョウ)酒造資料館へ。日田は水がきれいなので、昔からお酒造りが盛んだったもよう。



b0089967_21462551.jpg



b0089967_21464880.jpg




b0089967_2147287.jpg




b0089967_21472871.jpg




b0089967_21474827.jpg




b0089967_2148975.jpg




b0089967_21482465.jpg








日田は、私が生まれてから2歳まで住んだ所でもあります。

もちろん私の記憶には残っていないので、前もって実家の母に聞いておいた、その場所を訪ねてみました。

日田温泉の旅館街と同じ並びの、風光明媚な三隈川沿いにあったその家は、今は、駐車場に変わっていました。

当時赤ん坊の私が見ていたであろう景色をこの旅で感じることができてよかった。本当にいいところに住んでいたんだな・・・・・。

実家の母にも現在の様子を知らせるべく写真をたくさん撮りました。



b0089967_21541138.jpg




b0089967_21544254.jpg




b0089967_21553112.jpg




b0089967_21554187.jpg




川べりを通って、ホテルまで散策。水郷日田は鵜飼も有名ですね。屋形船が川のところどころに留められていました。



b0089967_2156533.jpg




b0089967_21562022.jpg





b0089967_21563675.jpg






b0089967_21565059.jpg






日田は盆地のため、夏の暑さは、ニュースで国内最高気温として取り上げられることがたびたびあります。
私たちが行った時も、9月下旬にもかかわらず、34度まで上がりました。

お宿は 『ひなの里 山陽館』。



b0089967_2214419.jpg




b0089967_222697.jpg





部屋の窓から眺める三隈川の夕景・夜景。



b0089967_222312.jpg




b0089967_2224530.jpg






後編へつづく・・・・・。
[PR]
# by sasakinouen | 2016-09-29 22:16 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(2)

あすみ(という品種のみかん) が割れています。



b0089967_20411676.jpg



まだまだ、めずらしい品種のあすみ。糖度が高く、おいしいみかんです。

今年2月、初収穫したわずかな量を販売したところ、おおむね好評でした。

ただ、この品種、裂果がひどいのです。

8月の終わり頃から割れ始め、9月に入り、現在、写真のような状況で、あちこちで裂果果実が見受けられます。かなしー!

どのくらいの量が割れるか予想がつかないので、摘果もしていません。

作るのがなかなかむずかしい品種のようです。


b0089967_20413170.jpg









下の一枚は、裂果デコポンの様子です。こちらも今年は割れています・・・・・。

b0089967_20415170.jpg

[PR]
# by sasakinouen | 2016-09-18 21:02 | その他柑橘 | Trackback | Comments(0)

きんぴらごぼうなど・・・



b0089967_2375859.jpg




サラダごぼうをいただきました。
アクが少なくて、やわらかい、掘りたての新鮮なもの。

これは、きんぴらにしようと、6本ほどをひたすらきざんで、きざんで・・・・・。
無心になれるひと時です。


b0089967_238114.jpg





ニンジンもきざんで投入。そして、調味料を加え、よーく炒めました。





b0089967_2382034.jpg




おいしいきんぴらのできあがり!


b0089967_2383197.jpg






b0089967_238467.jpg





b0089967_2385333.jpg




夏野菜の揚げびたしと、焼きナス。



この頃は、年齢のせいか、横文字のお料理よりも、昔ながらの和の料理が好みです。
[PR]
# by sasakinouen | 2016-09-15 23:15 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(2)

8月のある日


b0089967_21123786.jpg





埼玉からおば夫婦が帰ってみえ、せっかくの機会ということで、みんなで出かけてきました。

まずは、緒方町の原尻の滝。

雨が降らない日が続いていたので、水量が少なかったですね。

でも、やっぱりいい景色。





続いて、行ったのは、おばが行ってみたいとリクエストのあった、竹田市荻町の白水ダム。

私たちは、昨秋に続き、2回目。



今回、初めての人は、「おぉ! これはすごい」と感動していました。



b0089967_21125596.jpg





b0089967_2113166.jpg







食事は、竹田市玉来の善米食堂・歩にて。

b0089967_21131566.jpg





食事のあと、ワゴン車の座席交代で後部座席に乗り込んだわたしですが、出発する直前、三列目は、窓が開かず、ドアもないためか、とつぜん強い閉塞感におそわれ、胸がハアハアドキドキ、いてもたってもいられないようなパニック状態におちいりました。

急いで前の席の人に替わってもらって、やっと落ち着くことができましたが、もしかしてこれが閉所恐怖症というものなのかと・・・・・。
そういえば、以前ひざの診察で、MRIを撮るときも、それに近いような感覚がありました。

後日、心療内科を訪れ、気持ちの落ち着く薬を処方してもらいました。



見た目とちがって意外に気持ちは繊細なんやなあ、とごく近い身内に言われました(苦笑





その後、竹田から久住へ。

瀬の本高原から阿蘇五岳をのぞむも、雲が出て、視界はよくありませんでした。うーん、ザンネン。


b0089967_21133539.jpg



b0089967_21135376.jpg



b0089967_2114256.jpg




その後、九重・湯布院をとおり、別府へ向かい、無事帰りつきました。
[PR]
# by sasakinouen | 2016-09-08 22:36 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

処暑



b0089967_235855.jpg




本日は二十四節気のひとつ、処暑。

暑さもひと息つく頃ということですが、こちらはあいかわらず暑い日が続いています。

手作りのミルクセーキがおいしいです。



デコポンの仕上げ摘果をしていますが、この暑さで日焼け果が目立ちます。

猛暑や台風。 各地の農業に大きな影響が出ています。
[PR]
# by sasakinouen | 2016-08-23 23:26 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

結婚式

8月の初め、甥っ子の結婚式に出席してきました。

久しぶりの結婚式は、心おだやかなあたたかい雰囲気でした。




b0089967_21522834.jpg






b0089967_21523727.jpg






b0089967_21524877.jpg






b0089967_21525466.jpg






b0089967_2153517.jpg






b0089967_21531362.jpg






b0089967_21533327.jpg

[PR]
# by sasakinouen | 2016-08-21 21:58 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)