みかん畑からこんにちは! ブログ

ssknouen.exblog.jp
ブログトップ

日田方面への旅 後編

明けて翌朝。

美しい川面です。

b0089967_22222796.jpg




昨夜の食事も朝食も、美味しいお料理をおなかいっぱいいただきました。

お宿の近くで名物のそばまんじゅうを買って、日田をあとにしました。





さあて、それからどうするか?

いつも二日目は予定を決めていないので、帰る道すがら、寄れるところに寄ろうとガイドブックをながめる。

日田から天ケ瀬をとおり、玖珠に抜けるちょうど境のところに、慈恩の滝があり、近くには最近道の駅ができたと聞いたので、寄ってみることに。

b0089967_2223768.jpg





b0089967_22234630.jpg





車を降りると蒸し暑かったのが、ほんのちょっと滝に近づいただけで急に涼しくなる。



b0089967_2224304.jpg





b0089967_222698.jpg






最近の雨で水量が増しているらしく、轟音が響き、水しぶきを感じる。
はあ~、気持ちいい~。

この滝は、裏側を通り抜けることができる、裏見の滝です。



b0089967_22264568.jpg






そして、玖珠町に入り、次はどこに行ってみようかな。

そうだ! 以前から一度見てみたいと思っていた近代化産業遺産に認定されている豊後森機関庫が近くにあった。



b0089967_22275917.jpg




b0089967_22281996.jpg




b0089967_2229175.jpg




b0089967_22294197.jpg




この機関区は昭和9年にはじまり昭和46年に廃止。昭和20年には、米軍機の機銃掃射にあい、機関庫の壁にはいまもその跡が残っているそうです。

ロープが張ってあるため遺構の中までは入ることはできませんが、赤くさびた転車台や欠けた窓ガラスに歴史を感じました。



b0089967_22302919.jpg




b0089967_2231145.jpg


森機関庫をあとにして、お昼ご飯を食べるため、道の駅くすへ立ち寄ると、ここでも初めての出来事に遭遇。

道の駅の館内放送で、「まもなく自衛隊の戦車が玖珠駐屯地から演習場の日出生台へと移動します。」とのこと。
道の駅のすぐそばの一般道を通るそうで、行ってみると、すでにカメラを手にしたマニアの方々がたくさん待ち構えていました。

しばらく待っていると、遠くからズンズンと近づいてきて、手を伸ばせば届きそうな距離のところを20数台の戦車が次々と迫力いっぱいに通り過ぎていきます。



b0089967_2233954.jpg




b0089967_2233492.jpg



b0089967_2234266.jpg




b0089967_2236199.jpg




橋のアスファルトなど、鉄製のクローラーの跡で傷だらけになっていました。

乗車している隊員は、20代~30代の若い方のようにみえました。
どうかこの方たちが戦場に行かなくて済むような世の中であってほしいものだと強く思います。




道の駅くすでは、キャベツを買って帰りました。このキャベツのやわらかでおいしいこと!千切りサラダで毎日食べています。




b0089967_22364369.jpg






今回は、日田市観光協会から発行されているこちらの冊子を手にいろんなところを周りました。他のパンフレットとともにウエブサイトでも見ることができます。
とっても参考になりました。



b0089967_22371977.jpg


高速道路を使えばあっという間の旅も、一般道をあっち寄りこっち寄りしながら、楽しい旅をすることができました。
[PR]
by sasakinouen | 2016-10-03 22:41 | 日々のいろいろ | Comments(0)