人気ブログランキング |

みかん畑からこんにちは! ブログ

ssknouen.exblog.jp
ブログトップ

モニターさいごの報告(読者モニター6)

中井精也先生著インプレスジャパン社発行の 『世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書』の読者モニター報告第6回です。

モニター期間が明日30日までですから、これがさいごの報告となるのでしょう。

あらためて読み返してみますと、本書には、 いろんなことが書かれてあります。

写真を撮る際のカメラの設定や構図や技術についてなど・・・。

そのどれもこれもすべては、「何を」「どう撮るか?」から始まっているのだということがよくわかりました。

思えば あまり考えながら撮ったことはなかったのですが、たまに、自分なりに考えた時には、それなりの写真が撮れていたと思います。(自己満足)

そして、モニターになってからは、いろんなことをよりいっそう意識しながら撮るようになりました。

本書を読むと、こういう撮り方をしてみたいと思う方法がいくつかあります。
まだ、試していませんが、次のことはいずれ挑戦してみたいです。

■巻頭に載っている、「りんご一個をいろんな風」に撮る。
  私はみかん農家ですので、これはみかんを使ってぜひ試してみたいです。

■おもしろパンフォーカス。楽しそうなので・・・。

■流し撮り。これは練習が必要みたいです。

■多重露出。
  これは、私のE-510には付いていないので、誰か他の人のカメラを借りてやってみたい・・・(笑

■電車の撮影
  これまでは電車を見ても撮りたいと思ったことがないのですが、レイルマン中井先生の洗脳を受けたのか、日豊線の「白いソニック」を撮ってみたいと思うようになりました。

■参加できなかった横浜での講習会のようすをDVDにして送ってくださいましたので、これから見たいと思います。


本書の最後に次のようなことばが載っています。

「うまい写真を目指すのではなく、自分がいいなぁと思う写真をめざしてください」

このことばに 「はーい、先生。わかりましたー」と素直に返事をした私でした。


楽しいモニター期間をありがとうございました。

モニターを終えるとともに、いよいよハウスみかんととうもろこしの収穫が始まり、忙しくなります。
by sasakinouen | 2010-06-29 23:46 | デジタル一眼レフ